2017年

原発性乳癌に対する術後補助化学療法としてのnab-paclitaxel followed by FECの多施設共同試験(中間報告)

古賀健一郎、宮国孝男、斎村道代、川添輝、大佐古智文、奥村恭博、松方絢美、田嶋るみ子、田中将也、上尾裕昭、古賀稔啓、阿南敬生、山本 豊、光山昌珠、田村和夫 九州乳癌研究会:日本乳癌学会 2017年7月13日 福岡

2016年

Efficacy and safety of neoadjuvant weekly paclitaxel followed by 5-fluorouracil,epirubicin and cyclophosphamide: A multicenter study.

Anan K, Tanaka M, Yoshinaga Y, Maeda S, Hayashi M, Yamanaka T, Toyoshima S, Tamuara K, Mitsuyama S and Kyushu Breast Cancer Study Group: 12th St.Gallen International Breast Cancer Conference. 16-19 March 2011 St.Gallen , Switzerland

Correlation between HER2 Related Biomarkers (HER2, p95HER2, HER3, PTEN and PIK3CA) and Treatment Outcome of Lapatinib plus Capecitabine in HER2-Positive Metastatic Breast Cancer Refractory to Trastuzumab

Reiki Nishimura, Uhi Toh, Maki Tanaka, Michiyo Saimura, Yasuhiro Okumura, Tsuyoshi Saito, Toshihiro Tanaka, Megumi Teraoka, Kazuo Shimada, Kazuhisa Katayama, Toshihiro Koga, Kaname Kurashita, Satoshi Hasegawa, Hidekazu Todoroki, Hiroaki Ueo, Nobuyuki Arima, Shoshu Mitsuyama, Kazuo Tamura :2016年ASCO

HER2陽性乳癌におけるラパチニブ/カペシタビン併用による抗腫瘍効果とp95HER2、PTEN及びPIK3CAとの相関の検討 (KBC-SG 1107)

 唐 宇飛、西村令喜、岩熊伸高、田中真紀、斎村道代、奥村恭博、斎藤 毅、成井一隆、田中俊裕、寺岡 恵、島田和生、片山和久、長谷川聡、有馬信之、田村和夫:第54回日本癌治療学会2016年10月20日 横浜

The Importance of Hormone Receptor Status on Biomarker Expression and the Efficacy of Lapatinib plus Capecitabine Therapy after Progression on Trastuzumab in HER2 Positive Recurrent and Advanced Breast Cancer

Nobuyuki Arima, Reiki Nishimura, Uhi Toh, Maki Tanaka, Michiyo Saimura, Yasuhiro Okumura, Tsuyoshi Saito, Toshihiro Tanaka, Megumi Teraoka, Kazuo Shimada, Toshihiro Koga, Kaname Kurashita, Hidekazu Todoroki, Hiroaki Ueo, Yasuyo Ohi, Satoshi Toyoshima, Shoshu Mitsuyama, Kazuo Tamura:2016年 SABCS

手術可能乳癌におけるドセタキセル・カルボプラチン・トラスツズマブによる術前化学療法の第Ⅱ相多施設臨床試験 (KBC-SG1201)

増野浩二郎、光山昌珠、増田慎三、川添輝、山口美樹、若松信一、武谷憲二、山本豊、高橋龍司、田中眞紀、田村和夫:第24回日本乳癌学会 2016年6月16日 東京

2015年

Efficacy and safety of neoadjuvant weekly paclitaxel followed by 5-fluorouracil,epirubicin and cyclophosphamide: A multicenter study.

Anan K, Tanaka M, Yoshinaga Y, Maeda S, Hayashi M, Yamanaka T, Toyoshima S, Tamuara K, Mitsuyama S and Kyushu Breast Cancer Study Group: 12th St.Gallen International Breast Cancer Conference. 16-19 March 2011 St.Gallen , Switzerland

 Her2陰性進行再発乳癌への カペシタビンとシクロホスファミド療法の 観察研究(KBC-SG0901)

増野浩二郎、武内秀也、山本豊、大野真司、田中眞紀、西村令喜、上尾裕昭、光山昌珠、田村和夫 :第53回日本癌治療学会学術集会 2015年10月29日 京都

 Phase II trial of triweekly nab-paclitaxel followed by 5-Fulorouracil/epirubicin/cyclophosphamide as neoadjuvant chemotherapy in patients with operable breast cancer: KBC-SG 1103 trial

Yutaka Yamamoto, Keisei Anan, Maki Tanaka, Shigeto Maeda, Hiroaki Ueo, Yoshiaki Sagara, Shinji Ohno, Teru Kawasoe, Shoushu Mitsuyama, Kazuo Tamura:2015年 StGallen

手術可能乳癌におけるによる術前化学療法の多施設共同第Ⅱ相試験 

齋村道代, 田中真紀、岩瀬弘敬、前田茂人、上尾裕昭、松方絢美、川添輝、久芳さやか、大佐古智文、榎本康子、南恵樹、武内秀也、豊島里志、光山昌珠、山本豊、田村和夫:2015年 JSMO

Efficacy and safety of eribulin as first- to third-line treatment in patients with advanced or metastatic HER2 (-) breast cancer

Shigeto Maeda, Michiyo Saimura, Shigeki Minami, Kaname Kurashita, Reiki Nishimura, Yuichiro Kai, Hiroshi Yano, Kohjiro Mashino, Shoshu Mitsuyama, Mototsugu Shimokawa, and Kazuo Tamura, for the Kyushu Breast Cancer Study StGallen   

2014年

Efficacy and safety of neoadjuvant weekly paclitaxel followed by 5-fluorouracil,epirubicin and cyclophosphamide: A multicenter study.

Anan K, Tanaka M, Yoshinaga Y, Maeda S, Hayashi M, Yamanaka T, Toyoshima S, Tamuara K, Mitsuyama S and Kyushu Breast Cancer Study Group: 12th St.Gallen International Breast Cancer Conference. 16-19 March 2011 St.Gallen , Switzerland

HER2陰性アンスラサイクリン系およびタキサン系薬剤既治療の進行・再発乳癌患者に対するエリブリンの安全性および有効性に関する検討(中間報告)

古賀健一郎、南 恵樹、蔵下 要、 前田茂人、田中俊裕、渋田健二、大佐古智文、光山昌珠、田村和夫KBC-SG(九州乳癌研究会):2014 日本臨床腫瘍学会 福岡市

2013年

Efficacy and safety of neoadjuvant weekly paclitaxel followed by 5-fluorouracil,epirubicin and cyclophosphamide: A multicenter study.

Anan K, Tanaka M, Yoshinaga Y, Maeda S, Hayashi M, Yamanaka T, Toyoshima S, Tamuara K, Mitsuyama S and Kyushu Breast Cancer Study Group: 12th St.Gallen International Breast Cancer Conference. 16-19 March 2011 St.Gallen , Switzerland

2012年

Efficacy and safety of neoadjuvant weekly paclitaxel followed by 5-fluorouracil,epirubicin and cyclophosphamide: A multicenter study.

Anan K, Tanaka M, Yoshinaga Y, Maeda S, Hayashi M, Yamanaka T, Toyoshima S, Tamuara K, Mitsuyama S and Kyushu Breast Cancer Study Group: 12th St.Gallen International Breast Cancer Conference. 16-19 March 2011 St.Gallen , Switzerland

2011年

Efficacy and safety of neoadjuvant weekly paclitaxel followed by 5-fluorouracil,epirubicin and cyclophosphamide: A multicenter study.

Anan K, Tanaka M, Yoshinaga Y, Maeda S, Hayashi M, Yamanaka T, Toyoshima S, Tamuara K, Mitsuyama S and Kyushu Breast Cancer Study Group: 12th St.Gallen International Breast Cancer Conference. 16-19 March 2011 St.Gallen , Switzerland

Feasibility study of adjuvant fluorouracil/ epirubicin/ cyclophosphamide(FEC100) followed triweekly docetaxel(D) plus trastuzumab(H) in Her2/neu positive early breast cancer.

Tanaka M, Anan K, Umeda S, Yamaguchi M, Sasaki H, Rai Y, Ohno S, Yoh U, Tamura K, Mitsuyama S and Kyushu Breast Cancer Study Group: 12th St.Gallen International Breast Cancer Conference 16-19 March 2011 St.Gallen , Switzerland

HER2陽性乳癌の術後療法:FEC followed by triweekly docetaxel + trastuzumab

阿南敬生、田中真紀、梅田修洋、山口美樹、佐々木秀法、雷 哲明、大野真司、唐 宇飛、 田村和夫、光山昌珠:第49回日本癌治療学会学術集会 2011年10月27日 名古屋市

原発乳癌に対する術後補助療法としてのTC療法の忍容性についての検討(KBC-SG0803)

田中仁寛、大野真司、山本 豊、阿南敬生、田中真紀、及川達司、西村令喜、岩瀬弘敬、田村和夫、光山昌珠:第19回日本乳癌学会学術総会 2011年9月3日 仙台市

2010年

Pilot study of Irinotecan and S-1 for advanced and metastatic breast cancer.

Tanaka M, Furusawa H, Kamada Y, Sagara Y, Anan K, MiyaraK, Kai Y, Wakamatsu S, Uga T, Tamura K, Mitsuyama S, Kyushu Breast Cancer Study Group:San Antonio Breast Cancer Symposium 2010.  9-11 December 2010 San Antonio, USA

九州州乳癌研究会の現状と将来への貢献. 

相良安昭、久保 真、大野真司、田村和夫、光山昌珠: 第18回日本乳癌学会学術総会 2010年6月25日 札幌市

2009年

Feasibility study of fluorouracil/ epirubicin/ cyclophosphamide (FEC75) followed by docetaxel (DOC) as adjuvant chemotherapy in Japanese patients with node positive breast cancer.

Rai Y, Tanaka M, Mitsuyama S, Uga T, Tanaka S, Nanba K, Furusawa H, Murata K, Nishimura R, Oikawa T, Kamada Y, Maeda S, Maeda J, Honjo S, Iwase H, Yamamot Y, Mashino K, Shibuta K, Kai Y, Taniguchi H, Yahara T, Yokoyama G, Yoshinaga Y, Umeda S, Hisamatsu K, Tamura K:  St.Gallen Oncology Conferences 11th International Conference 11-14 March 2009 St.Gallen Switzerland

転移性乳癌に対するカペシタビンとシクロフォスファミド併用療法の多施設共同第2相試験

田中眞紀、田村和夫、阿南敬生、大野真司、西村令喜、山本 豊、増田慎三、光山昌珠: 第47回日本癌治療学会シンポジウム 2009年10月22‐24日 横浜市

Her2陽性、進行・再発乳癌に対するvinorelbine・trastuzumab(VT)療法:Ⅰ/Ⅱ相試験

宮良球一郎、西村令喜、大野真司、田中真紀、進藤久和、増野浩二郎、光山昌珠、田村和夫  九州乳癌研究会: 2009年乳癌学会 中間報告

2008年

Oral combination chemotherapy with capecitabine and cyclophosphamide in patients with metastatic breast cancer; Phase II study.

Tanaka M, Tamura K, Anan K, Ohono S, Nishimura R, Yamamoto Y, MasudaN, Mitsuyama S:  The 2008 San Antonio Breast Cancer Symposium. 10-14 December 2008 San Antonio, Texas

リンパ節転移陽性乳癌に対する術後補助療法としてのFEC75+docetaxel(D)の忍容性

雷 哲明、田中真紀、光山昌珠、宇賀達也、田中将也、難波 清、古澤秀実、村田和哉、西村令喜、及川達司、鎌田義彦、前田茂人、前田潤平、本庄誠司、岩瀬弘敬、山本 豊、増野浩二郎、渋田健二、甲斐裕一郎、谷口英樹、矢原敏郎、横山吾郎、吉永康照、梅田修洋、久松和史、田村和夫: 第46回日本癌治療学会総会 2008年10月30日 名古屋市

アントラサイクリン既治療の転移性乳癌に対するゼローダとエンドキサン併用第2相臨床試験

阿南敬生、光山昌珠、田中真紀、大野真司、西村令喜、山本 豊、増田慎三、田村和夫: 第16回日本乳癌学会学術総会 2008年9月27日 大阪市

リンパ節転移陽性乳癌に対する術後療法としてのFEC100+docetaxel(DOC)の忍容性

齋村道代、光山昌珠、大野真司、雷 哲明、横山吾郎、定永倫明、久保 真、甲斐裕一郎、梅田修洋、山本 豊、田中真紀、中川志乃、吉永康照、田村和夫: 第16回日本乳癌学会学術総会 2008年9月27日 大阪市

2007年

転移性乳癌に対するゼローダとエンドキサン併用第2相臨床試験(中間報告)

田中真紀、増田慎三、阿南敬生、西村令喜、谷口英樹、海瀬博史、大野真司、光山昌珠、田村和夫: 第45回日本癌治療学会 2007年10月24日 京都市

A multicenter study of epirubichin-docetaxel(ET) as primary chemotherapy for patients with inflammatory breast cancer(IBC)

Anan K. Mitsuyama S. Ikejiri K. Ohchi T. Rai Y. Oikawa T. Kudaka M. Nishimura R. Kuroki S. Tamura K: ET study group in kyuushuu of Japan. 10th International 14-17 March 2007 St. Gallen Switzerland

2006年

進行・再発乳癌に対するドセタキセル・エピルビシン(ET)併用療法の臨床第2相試験(第2報)

田中真紀、光山昌珠、阿南敬生、今村 秀、大野真司、西村令喜、田村和夫:-第14回日本乳癌学会学術総会 2006年7月7-8日 金沢市

腫瘍径3.1cm以上の原発乳癌に対するエピルビシン・ドセタキセルによる術前化学療法臨床第Ⅱ相試験

原 信介、西村令喜、雷 哲明、光山昌珠、豊島里志、田村和夫、松尾文恵、矢野 洋、今村 秀、鎌田義彦、難波 清、古澤秀美、久高 学、石川恵美 (九州ET療法研究会):第44回日本癌治療学会総会 2006年10月20日 東京

リンパ節転移陽性乳癌に対する術後補助化学療法としてのEC followed by weekly PaclitaxelのFeasibility study

田中真紀、光山昌珠、島田和生、廣瀬宣明、小川尚洋、玉城信光、冨崎真一、田村和夫:第44回日本癌治療学会総会  2006年10月20日 東京

HER2過剰発現進行・再発乳癌初回治療におけるPaclitaxel+Trastuzumab併用療法の検討

山本 豊、岩瀬弘敬、西村令喜、相良吉厚、安藤充嶽、雷 哲明、玉江景好、阿南敬生、宮国孝男、大脇哲洋、住吉康史、廣瀬宣明、黒木祥司、西山康之、佐藤裕一郎、光山昌珠、田村和夫 九州乳癌研究グループ:
第44回日本癌治療学会総会 2006年10月19日 東京

進行・再発乳癌初回治療としてのPaclitaxel療法

齋村道代、石川幹真、岩熊信高、田山光介、光山昌珠、徳永祐二、島田和生、久高 学、岸本幸也、阿南敬生、田村和夫:第14回日本乳癌学会学術総会 2006年7月7-8日  金沢市

2005年

腫瘍径3.1cm以上の原発乳癌に対するエピルビシン・ドセタキセルによる術前化学療法

雷 哲明 西村令喜 光山昌珠 豊島里志 岩崎 宏 田村和夫 九州ET療法研究会:第13回日本乳癌学会総会 2005年6月10日・11日 倉敷市

Phase II study of epirubicin and docetaxel as neoadjuvant chemotherapy in patients with largh breast cancer (stage II-III,tumor size>3.1cm)

Nishimura R, Rai Y, Mitsuyama S, Toyoshima S, Iwasaki H, Ichinose I, Tamura K, Matsuo F, Hara S, Itoyanagi N, 9th International conference primary therapy of early breast cancer. 26-31January 2005 St. Gallen

腫瘍径3.1cm以上の原発乳癌に対するエピルビシン・ドセタキセルによる術前化学療法臨床第Ⅱ相試験(九州ET療法研究会)

原 信介、西村令喜、雷 哲明、光山昌珠、豊島里志、田村和夫、松尾文恵、矢野 洋、今村 秀、鎌田義彦、難波 清、古澤秀美、久高 学、石川恵美: 第44回日本癌治療学会総会 2006年10月20日 東京

転移性乳癌に対するカペシタビンとシクロフォスファミド併用療法の多施設共同第2相試験

田中眞紀、田村和夫、阿南敬生、大野真司、西村令喜、山本 豊、増田慎三、光山昌珠: 第47回日本癌治療学会シンポジウム 2009年10月22‐24日 横浜市

進行・再発乳癌初回治療としてのPaclitaxel療法

岡崎伸治 西村令喜 相良吉厚 安藤充嶽 山本 豊 玉江景好 宮国孝男 大脇哲洋 住吉康史 廣瀬宣明 黒木祥司 光山昌珠 田村和夫 九州乳癌研究グループ(KBC-SG) :第13回日本乳癌学会総会 2005年6月10日・11日 倉敷市

2004年

Cyclophosphamidec、weekly Paclitaxel(wT) ACwT療法の検討

玉城信光、田村和夫、光山昌珠:乳癌術後補助化学療法におけるAdriamycin(A)第12回日本乳癌学会総会 2004年6月12-13日 北九州市

進行・再発乳癌初回治療としてのPaclitaxel療法

島田和生、中房祐司、田山光介、二見喜太郎、石川恵美、島 一郎、石川幹真、砂川一哉、家永 淳、池嶋 聡、田中真紀、久高 学、徳永祐二、林田和之、田村和夫、光山昌珠:第12回日本乳癌学会総会 2004年6月12-13日 北九州市

国際的に有用なAll Oral Therapyの確立を目的としたカペシタビン+シクロホスファミド併用療法の検討

田村和夫、光山昌珠、西村令喜、田中真紀、大野真司、濱田雄蔵、黒木祥司:第12回日本乳癌学会総会 2004年6月12-13日北九州市

九州、山口地方における乳腺疾患登録-九州乳癌研究グループ(KBC-SG)研究

若松信一、田村和夫、光山昌珠、難波 清、西村令喜、相良吉厚: 第12回日本乳癌学会総会 2004年6月12-13日 北九州市

2003年

乳癌に対する初回治療としてのエピルビシン・ドセタキセル(ET)療法の安全性の検討

阿南敬生、光山昌珠、西村令喜、田中真紀、鎌田義彦、雷哲明、濱田雄蔵、難波清、大城戸政行、久高 学、 及川達司、松尾文恵、田村和夫、九州乳癌ET療法研究会 第11回日本乳癌学会総会 2003年6月12-13日 新潟市

リンパ節転移陽性の原発性乳癌がんに対する術後補助化学療法 : ドキソルビシン+シクロホスファミド併用後のパクリタキセルweekly投与

砂川一哉、田村和夫、光山昌珠、九州乳癌研究グループ:Investigators Meeting for Breast Cancer;Current Perspectives and the Future  12 Jan 2003 Bangkok,Thailand

2002年

Docetaxel耐性、不適を含む進行・転移性乳癌を対象としたPaclitaxel 週1回投与のPhaseⅡStudy

小川尚洋、加藤雅人、濱田雄蔵、吉永康照、黒木祥司、古賀稔啓、田中真紀、西村令喜、宮良球一郎、石川恵美、田村和夫、光山昌珠、九州乳癌研究会 :第10日本乳癌学会総会 2002年6月5,6日 名古屋

2001年

多剤耐性を含む進行・転移性乳癌を対象としたPaclitaxel週1回投与のPhaseⅡStudy

加藤雅人、浜田雄蔵、吉永康照、黒木祥司、古賀稔啓、田中真紀、西村令喜、宮良球一郎、石川恵美、小川尚洋、田村和夫、光山昌珠 :第63回日本臨床外科学会  2001年

2017年

Efficacy and safety of eribulin as first- to third-line treatment in patients with advanced or metastatic breast cancer previously treated with anthracyclines and taxanes.

Maeda S, Saimura M2, Minami S, Kurashita K4, Nishimura R, Kai Y, Yano H, Mashino K, Mitsuyama S, Shimokawa M, Tamura K; Kyushu Breast Cancer Study Group. Breast. 2017 Apr;32:66-72.

Role of HER2-Related Biomarkers (HER2, p95HER2, HER3, PTEN, and PIK3CA) in the Efficacy of Lapatinib plus Capecitabine in HER2

Nishimura R, Toh U, Tanaka M, Saimura M, Okumura Y, Saito T, Tanaka T, Teraoka M, Shimada K, Katayama K, Koga T, Kurashita K, Hasegawa S, Todoroki H, Kai Y, Ohi Y, Toyoshima S, Arima N, Mitsuyama S, Tamura K. Positive Advanced Breast Cancer Refractory to Trastuzumab. Oncology. 2017;93(1):51-61

乳癌患者に対するTegafur-Gimeracil-Oteracil(TS-1)単独療法の有用性の検討

吉永康照、田中真紀、生田安司、増野浩二郎、甲斐裕一郎(九州乳癌治療研究会) 臨床と研究 94:81-85, 2017

2015年

 Effect of weekly paclitaxel followed by 5-fluorouracil, epirubicin, and cyclophosphamide as neoadjuvant treatment for patients with triple-negative and luminal-type breast cancer - a multicenter study

Anan K, Tanaka M, Yoshinaga Y, Maeda S, Yamaguchi Y, Hayashi M, Tanaka M, Kamata Y, Mashino K, Yamamoto Y, Nishimura J, Matsuo S, Toyoshima S, Tamura K, Mitsuyama S; Kuyshu Brest Cancer Study Group. Gan To Kagaku Ryoho. 2015 Jan;42(1):45-50

2012年

Docetaxel in combination with epirubicin as the first-line chemotherapy for advanced and recurrent breast cancer: a multicenter phase II study  

Anan K, Tanaka M, Mitsuyama S, Imamura S, Ohno S, Hara S, Oikawa T, Fujii T, Nishimura R, Ishikawa E, Yano H, Taniguchi H, Ohkido M, Ohchi T, Chijiiwa K, Arime I, Shimada K, Inoue H, Tamura K; Kyushu Breast Cancer Study Group (KBC-SG).  Gan To Kagaku Ryoho. 2012 May;39(5):747-52

A multicenter study of epirubicin-docetaxel(ET)as primary chemotherapy for patients with inflammatory breast cancer (IBC)   

Saimura M, Anan K, Mitsuyama S, Toyoshima S, Ikejiri K, Ohchi T, Rai Y, Oikawa T, Kudaka M, Nishimura R, Kuroki S, Namba K, Nakafusa Y, Tamura K. Gan To Kagaku Ryoho. 2012 Jul;39(7):1075-9

2010年

Paclitaxel as a first-line chemotherapy for Japanese women with advanced or recurrent breast cancer: a multi-institutional practice-based study by the Kyushu Breast Cancer Study

Ishikawa M, Takamatsu Y, Mitsuyama S, Iwakuma N, Anan K, Umeda S, Tamura K   Breast Cancer  17:131-5, 2010

Oral combination chemotherapy with capecitabine and cyclophosphamide in patients with metastatic breast cancer: a phase II study.

Tanaka M, Takamatsu Y, Anan K, Ohno S, Nishimura R, Yamamoto Y, Masuda N, Mitsuyama S, Tamura K; Kyushu  Anticancer Drugs. 21:453-8, 2010

2009年

閉経後・再発乳癌患者に対するエキセメスタンとアナストロゾールの使用経験

勝屋弘雄、西村令喜、阿南敬生、井上博道、西原一善、松尾文恵、宮良球一郎、光山昌珠、田村和夫    臨床と研究 86:121-124, 2009

2008年

Adjuvant epirubicin and cyclophosphamide followed by weekly paclitaxel for Japanese women with node-positive breast cancer: a multi-institutional feasibility study

Saimura M, Mitsuyama S, Anan K, Tanaka M, Shimada K, Hirose N, Ogawa S, Tamaki N, Tomisaki S, Tamura K.  Gan To Kagaku Ryoho.  2008 Sep;35(9):1519-23

2007年

Dosage of capecitabine and cyclophosphamide combination therapy in patients with metastatic breast cancer

Ohno S, Mitsuyama S, Tamura K, Nishimura R, Tanaka M, Hamada Y, Kuroki S and The Kyushu Breast Cancer Study Group  Anticancer Research 27:1009-1014, 2007

2006年

Adjuvant doxorubicin and cyclophosphamide followed by weekly paclitaxel for Japanese women with node-positive breast cancer: a multi-institutional feasibility study in a variety of practice settings in Kyushu

Anan K, Mitsuyama S, Taniguchi H, Yamamoto Y, Fujiyoshi K, Tateishi T, Tamura K  

Adjuvant therapy for breast cancer. Breast Cancer

Wakamatsu S, Mitsuyama S, Nanba K, Nishimura R, Sagara Y, Tanaka M, Tamaki N, Koga T, Tamura K  Breast Cancer 13(3): 308-312, 2006

2005年

Weekly paclitaxel in the treatment of advanced or metastatic breast cancer previously treated or not treated with docetaxel: a phase II study.

Nishimura R, Ogawa T, Kato M, Tanaka M, Hamada Y, Shibata T, Ishikawa E, Koga T, Mitsuyama S, Tamura K; Kyushu Breast Cancer Study Group (KBC-SG)  Chemotherapy. 2005 May;51(2-3):126-31

Weekly paclitaxel in the treatment of advanced or metastatic breast cancer previously treated or not treated with docetaxel : a phase Ⅱ study

Nishimura R, Ogawa T, Kato M, Tanaka M, Hamada Y, Shibata T, Ishikawa E, Koga T, Mitsuyama S, Tamura K for the Kyushu Breast Cancer Study Group(KBC-SG)   Chemotherapy 51: 126-131, 2005