CHOT-SG 特定非営利活動法人 臨床血液・腫瘍研究会

ごあいさつ

現在日本では1981年以来死亡原因の一位をがんが占めるようになってきています。そういった趨勢の中でがんに関する基礎研究は飛躍的な進歩を遂げ世界的なレベルに達していますが、治療面に関しては、臓器別の専門の治療医師は存在しますが、担がん患者さんを総合的に診療できる専門の医師、看護師、薬剤師や治療専門機関が極めて少なく、多くの医療機関が問題のある患者さんをかかえて困っています。また、新規薬剤や種々の治療を組み合わせた治療法の開発のための臨床試験は、余裕のない臨床医が診療の合間をぬって実施していることもあって、かならずしも質の高い試験にならず、また症例数も限られたものになるため日本での治療の開発を断念し、欧米で開発を実施している日本の製薬会社も多数出現してきています。すなわち日本に於ける抗がん治療の開発の空洞化がおこっています。

これらを打破するために、がん治療の開発に必要な人的、資金面でサポートする機関として、「特定非営利法人 臨床血液・腫瘍研究会」をたちあげました。これから強力に推し進めていく事業としては次を予定しており、みなさまのご協力とご指導をよろしくお願いしたいと思います。
  1. がん専門看護師・薬剤師の養成と継続した教育
  2. 臨床腫瘍医、腫瘍内科医の養成と継続した教育
  3. 地域医療機関の医師、コメディカルとの勉強会と連携
  4. データマネージャー、臨床研究コーディネーター(CRC)派遣
  5. 臨床試験のプロトコール作成・実施、登録センター機能、データ解析
  6. 医師主導型の薬剤開発
  7. 終末期医療を含むがんに関連した病態に関する研究と検査法の開発
NPO法人 臨床血液・腫瘍研究会 理事長 田村和夫
特定非営利活動法人 臨床血液・腫瘍研究会
810-0004 福岡市中央区渡辺通1丁目8-17-204 / TEL. 092-406-4166 / FAX. 092-406-8356